消費者金融のプロミスの口コミはどう?審査に通る?

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

しかし、プロミスのカードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

プロミスのカードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

複数の消費者金融のプロミスから借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時の強い味方がプロミスのカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度プロミスのカードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のプロミスのカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

消費者金融のキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のプロミスのカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

各消費者金融のプロミス業者の借入れの条件や詳細なデータはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

人気が高い金融機関の理由は低金利で審査が早いといった理由があげられます。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを上げてみますといずれの消費者金融のプロミスも審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされており成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行プロミスのカードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されプロミスのカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのプロミスのキャッシングがあります。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、近頃は銀行でもプロミスのカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

プロミスなど消費者金融はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で利益を獲得しています。

銀行と消費者金融のプロミスの金利を比較すると通常は消費者金融のプロミスの金利の方が高い場合が多いです。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますから消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料がタダという消費者金融のプロミスも多いので、銀行プロミスのカードローンよりも利便性が高いと言えますね。

また、消費者金融のプロミスレディースローンを用意しているところも多いので女性でも借りやすいと人気です。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中で借り入れや返済を繰り返し行うことができるプロミスのキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行プロミスのカードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

お金を工面する方法としてプロミスのカードローンがありますが銀行が提供しているプロミスのカードローンと消費者金融のプロミスが提供しているカードローンの2種類があります。

銀行プロミスのカードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が銀行プロミスのカードローンよりもデメリットが多いように思えますが、銀行プロミスのカードローンと比べると消費者金融のプロミスのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

消費者金融のプロミスのキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、プロミスで即日融資もあるのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

引用:http://www.iconival.com/novice/