本当に楽天銀行のカードローンの審査の口コミは悪いのか?

銀行系消費者金融の楽天銀行にはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、貸金業からの返済にだけ利用することができます。

楽天銀行の借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなくショッピングローンの返済には使う事ができません。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問は各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るポイントなど、初めておまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることで既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなくおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

消費者金融は金利が高いことが多く、一方銀行は審査が厳しいというのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

多重債務者の為に提供されているおまとめローンですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

おまとめローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンを提供している金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行のおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンの審査落ちした人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査があり各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

一般のカードローンと同様におまとめローンにも審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(楽天銀行借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

楽天銀行のおまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

引用:楽天銀行おまとめローン審査の口コミは?【申し込みの条件と流れ】

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に使えない可能性があります。

と言うのも、消費者金融のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

おまとめローンの審査に落ちたという人はその原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査され問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になり個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなので積極的に利用することをおすすめします。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんがフリーローンで対応することができます。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが専業主婦の方は申し込むことができません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用するとバラバラな返済日を一括管理することができます。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

月々の返済額がキツくなったという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。