人間関係の悪化が理由で看護師は転職できる?

どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、看護師に多いトラブルと言えば、職場における対人関係や交代制による不規則な勤務形態があります。
やはり、女の人が多い職場ともなると、複雑な人間関係がつくられているところも少なくないのです。
夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。
転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも良いと思います。
今、日本ではEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。
けれども、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、3年間の滞在期間中に看護師資格の取得ができなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。
勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、あわせて、国家試験対策をしなければならず、とても大変だというのが現状です。
看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、一般的には課長の役職に近いと言えます。
普通に課長職といっても、その年収が大企業と中小企業で変わることから分かるように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。
あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。
ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、およそ750万円程度だと推測できます。

看護師は面接の結果待ち状態で併願可能?【転職時の不安解決】