出来てしまったしみもあきらめてはダメ?

しみといっても、薄かったり濃かったりします。
まず肌の表面でできている薄いしみですが、これは日光に当たり続けたこと以外に、ストレス・内臓機能の病気なども原因として考えられます。
これは少し特殊なしみなので、普通のしみ取り化粧品を使用していても、あまり効果が得られない場合があります。
どちらか分からない場合は、肝斑にも対応しているしみ取り化粧品を使用するようにしましょう。
洗顔後化粧水で十分に水分を補給して、肌の表面を整えていき、美白効果のあるフェイスパックなどをして表面にあるメラニン色素を吸い上げていきましょう。
濃いしみになってしまうと、なかなか短期間で薄くはなりませんが、根気よくケアをしていけば、必ずしみは薄くなります。
肌のターンオーバーが乱れてしまっていることも、しみの原因となっています。
ハイドロキノンとしみ