ペットローンの審査が口コミで話題に?本当に使い時に使えるかどうか。

ペットローンを利用したいのだけれど年収が低くて審査に通るか不安...などローンを組むのに手をこまねいているという人も多いのではないでしょうか?ペットローンには「安定かつ継続した収入があること」とされていることが大半で年収制限が明示しているのはイオン銀行の200万円だけです。

ペットローンでは収入があれば非正規雇用でもOKというローンが多く収入よりも継続してお仕事をしているかということを重要視しているようです。

もちろん、年収は多い方が有利なことに変わりがありませんが勤続年数が長ければ長いほど評価は高くなると言えるでしょう。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、金融事故歴のほうがよっぽど審査の障害となります。

楽天市場や銀行で有名な楽天ですがペットローンと言うサービスの提供は行っていません。

楽天銀行にはスーパーローンというカードローンがあるのですが他には目的型ローンとして、ブライダルローンや教育ローンといったローンがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使途を限定するだけで内容に関しての規定はありませんが楽天銀行の場合は使い道についても限定されています。

楽天銀行には自動車ローンもあるのですがこちらは目的型ローンではなく通常のカードローン(楽天スーパーローン)での対応になります。

このように楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンになりますのでペットローンという名称にこだわる必要はまったくありません。

ペットローンを取り扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンといった名称で対応している業者は多いです。

借入を行っている金融機関には銀行や信販会社などがありますが、消費者金融には総量規制があるため無職の人は利用できません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借入可能ですが、ほとんどの金融機関で申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされていることが多いです。

信販会社のショッピングローンはある決まった商品を購入するためだけに組まれるローンなのでペットローンを例にすると、ペットの代金を信販会社が立て替えて支払し、その後購入者が信販会社に月々返済していくという仕組みです。

直接現金を借り入れるわけではありませんので、なんとなく審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格に「安定継続した収入」が条件として記載されていることが多いです。

パートやアルバイトなどの非正規雇用の人がペットローンを組む場合には様々な条件がついたり制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも返済能力がない人には貸せませんから、継続勤務期間は最低でも1年以上は求められます。

また、イオン銀行の場合では前年度の税込み年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行の場合は年収制限はありません。

信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも申し込みは可能です。

消費者金融だと、ペットローンというローンはないのですがプロミスの目的ローンという低金利なローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも借入できます。

ローンには銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものとがありますが消費者金融だと、収入の三分の一を超える借り入れをNGの総量規制が適用されます。

パート主婦だったら、年収の1/3以内であればローンを組むことができますが、専業主婦の場合は年収がないので、消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行の場合は総量規制の適用外なので専業主婦でも借入可能ですがペットローンに関しては、必ずしも借りられるというわけではありません。

スルガ銀行の申し込み資格には「安定した収入がある方」という条件がついており場合によっては収入確認資料の提出が求められます。

イオン銀行もペットローンを扱っていますが、無収入の人は申し込めませんから専業主婦の方は、働いている旦那さんの名義でローンを組むことになります。

クレジットカードで知られているオリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが特にオリコのオートローンは業界のトップをシェアです。

しかし、オリコではペットローンは扱っておらず使途が自由な多目的プランを利用することになります。

ペットショップがオリコと提携している場合、多目的ローンに申し込むことになりますがオリコの審査は非常にスピーディなので審査をクリアできればすぐに契約することができます。

金利は6.0%から13.2%、10万円から300万円まで融資可能です。

オリコから融資を受ける額が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書が必要になることがあげられます。

住宅ローンやカードローンに融資を許可するかしないかの審査があるようにペットローンを利用する際にも審査を受けて承認されなければなりません。

ペットローンのある金融機関には銀行や信販会社などがありますが銀行のペットローンは審査が厳しくハードルが高いとされています。

銀行のペットローンはペットショップで組むローン(信販会社)よりも低金利で人気がありますが一般的に金利が低いほど審査が厳しくなると言われています。

滞納せず返済してくる人であれば安心して貸すことができるのでその見返りとして低金利で貸してあげますよという事なのです。

審査の難易度としては銀行が一番厳しくその次は信販会社のペットローンで銀行のカードローン並みの厳しさと言われています。

参考:http://www.chezsavane.com/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%AF%A9%E6%9F%BB/

ペットを購入するにあたって、ローンを組む場合頭金を納めておくと借り入れる金額を少なくすることができますね。

借入金額が少なければ審査のハードルも低くなりますので安心してペットローンに申し込むことができると思います。

頭金を納める金額は多いに越したことはないのですが頭金の金額は任意です。

ただし、犬や猫だと狂犬病やワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金をすべて頭金にするのはおすすめしません。

その他餌、ペットシーツ、おやつなどのといった消耗品も必要になってきますし小屋やケージを含めると数万円はかかることを念頭に入れておきましょう。

ペットショップのコジマでペットを購入するに当たり、ペットローンを組む場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を通過する必要があります。

コジマと提携している信販会社はジャックス、セディナ、オリコなどがありますが、ほとんどの会社ではペットローンはなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるように対応しているというものです。

目的別ローンとは使い道が限られていることで低い金利で融資を可能のしたローンのことで自動車を購入する際のマイカーローンなどがそれにあたります。

オリコの場合は多目的プランという名称で最高300万円まで借りることができ、返済時の利率は6.0%から13.2%となっています。

セディナには総合目的ローンという商品があり最高300万円、金利は7.8%から11.8%です。

ペットローンを提供している銀行は少なくほとんどの銀行は多目的ローンという目的別ローンで対応しています。

スルガ銀行やイオン銀行にはペットローンの提供があり、信販会社のペットローンよりもメリットが多いのです。

イオン銀行の場合は金利が年3.8%から年8.8%で最高借入金額は30万円から700万円、借入期間は1年から8年まで、繰り上げ返済手数料は無料となっています。

スルガ銀行の最高借入金額は800万円で、年利2.5%から7.5%、借入期間は最大10年で、こちらも繰り上げ返済がいつでも無料です。

銀行のペットローンというのは、非常にメリットが多いのですがそれだけ審査が厳しくなっているのは言うまでもありません。