つらい夜泣きの対策法

幼児期の夜泣きの原因

普通、夜泣きは1歳を半年くらい過ぎると徐々に収束していくようですが、幼児期になっても夜泣きが克服されない赤ちゃんもいるようです。

 

泣くのが毎晩だと、お父さん、お母さんも気が滅入るというものです。

 

夜泣きが幼児期に入っても終わらない場合は、理由が小さいころとは変わってきたのかもしれません。

 

眠りにつく時間が不定期なのが大きな原因と考えられているのが乳児の夜泣きというものです。

 

もう少し成長したら刺激のある昼間の出来事が主な原因になっていることがあります。

 

ショックなことが起こったりした時、頭の中での記憶が夜泣きに直結してしまうことが多いようです。

 

怖い思いをした日、やりたい事が自由に出来ずに鬱憤がたまった日、ママやパパが叱るようなことがあった日の夜に夜泣きをしていませんか。

 

赤ん坊であってもお昼の時間帯に不満を抱えたり、興奮し過ぎると夜の眠りに影響が出ます。

 

幼児はそれが顕著に出るようで、夜泣きをした昼間にどんなことがあったか考えてみると、思い当たる出来事が昼間に起こったのではないでしょうか。

 

夜泣きが続くようなら、日中の出来事を聞いてみると良いでしょう。

 

とはいえ、ストレートに子どもに原因を聞いてみても、話をしながら再度不快な気持ちになります。

 

なるだけ、通っている園の先生に何があったか尋ねたり、日ごろから親しくしている他の子どもに聞いたりしてみましょう。

 

幼児の夜泣きの原因の中に、夜驚症と言われる症状があります。

 

突然大声で泣き始めたり、正気にさせようとしても歩き出したりもします。

 

正常に戻った子どもに聞くと、全く覚えていないのでビックリさせられます。

 

もしかしたら夜驚症なのではと疑問に思ったら、病院で診てもらうのが良いでしょう。